カテゴリ:執筆・掲載情報



記事掲載 · 2022/05/12
当事務所代表の執筆した記事が掲載されました。HRプロ様では、毎月1回記事を執筆させていただいています。今月は、2023年3月末で猶予措置が終了になる、中小企業の月60時間超の法定時間外労働の割増賃金率引き上げについて解説しています。 2023年4月から中小企業の「月60時間超の法定時間外労働の割増賃金率」が引き上げに。今から長時間労働削減の取り組みを 掲載先:HRプロ(運営:ProFuture株式会社) 2023年4月の話をなぜ今?と思うかもしれません。当然、引き上げ分を支払えば問題ない話ではありますが、これを機に自社の働き方を見直す企業も出始めています。長時間労働削減は「明日からやりましょう」と言ってすぐにできるものではありません。4月に向けて、今から少しずつ仕事の見直しをしていくことが求められます。ぜひ、参考にしていただければ嬉しいです。
記事掲載 · 2022/04/25
当事務所代表の執筆した記事が掲載されました。「コロナ時代に求められる福利厚生サービスとは」掲載先:企業実務2022年5月号(発行元:日本実業出版社) コロナ禍で社会や生活が大きく変わり、労働者の求める福利厚生が変化してきています。一方で企業も、今まで提供していた福利厚生が、不要になったり自粛を余儀なくされています。
記事掲載 · 2022/04/15
当事務所代表の執筆した記事が掲載されました。ぜひご参照ください。(会計ソフト「ソリマチ」のユーザー様向けにメルマガとして配信されたものと同内容です。) 「改正育児介護休業法がいよいよ施行!2022年4月から会社に求められることは?」 掲載先:みんなの経営応援通信(運営:ソリマチ株式会社) 4月1日、ついに改正育児介護休業法が施行されました。この育児介護休業法は、4月と10月、そして来年4月の3回に分けて施行されます。今年4月の改正は、10月に向けて職場の環境整備をしましょう、という内容です。
記事掲載 · 2022/03/17
当事務所代表の執筆した記事が掲載されました。HRプロ様では、毎月1回記事を執筆させていただいています。今月は、労働条件通知書に関して記載しています。  「労働条件通知書」の明示内容や雇用契約書との違いを解説。新入社員を迎える前に、改めて基本を押さえよう  掲載先:HRプロ(運営:ProFuture株式会社)雇用形態関係なく、従業員の入社時に必ず必要になる労働条件通知書。しかし、この存在自体を知らない会社さんもまだ多くあるように感じます。 入社シーズンの4月に向けて、労働条件通知書について再確認していただけたら嬉しく思います。
記事掲載 · 2022/03/04
当事務所代表の執筆した記事が掲載されました。ぜひご参照ください。 「柔軟な働き方を実現する“フレックスタイム制”を知ろう」 掲載先:CC-BizMate(運営:株式会社クロスキャット)今回は、フレックスタイム制の勤怠管理について解説しています。時差出勤、ワークライフバランスの実現等、柔軟な働き方が期待できるフレックスタイム制。私も前職時代、あと15分でいいから早く帰れたら病院に行けるのに!半休とるのはもったいない!というときなどに非常に役立ちました。
記事掲載 · 2022/02/16
当事務所代表の執筆した記事が掲載されました。HRプロ様では、毎月1回記事を執筆させていただいています。今月は、2021年12月に改正された、事務所衛生基準規則と労働安全衛生法に関して記載しています。 2021年12月に「事務所衛生基準規則」及び「労働安全衛生規則」の一部が改正。職場環境が衛生基準を満たしているか確認を  掲載先:HRプロ(運営:ProFuture株式会社)かつて社労士資格の試験勉強をしていたとき、事務所の湿度や室温、明るさまで基準が決められていることに驚きました。でも確かに、夏場に冷房が効きすぎている職場や、逆に暑すぎて冷房が効かない職場などでは、集中力も続かないよなあと思わされ、法整備がされていることに納得したことを思い出します。
記事掲載 · 2022/01/25
当事務所代表の執筆した記事が掲載されました。HRプロ様では、毎月1回記事を執筆させていただいています。今月は、介護と仕事の両立に使える制度について記載しています。一時期は「老々介護」が話題になりましたが、最近では「ヤングケアラー」という用語が流行語に選ばれるなど、若者の介護が社会問題とされています。超高齢社会の日本では、育児と同じくらい、介護と仕事の両立を考えなければいけませんが、介護と仕事の両立についての制度は、育児に関する制度と比べ、認知度が低いと感じています。まずは基本となる制度を押さえていただきたく、その一助となれば幸いです。
記事掲載 · 2022/01/12
当事務所代表の執筆した記事が掲載されました。ぜひご参照ください。「管理職も勤怠管理は必須!管理監督者のルールを正しく把握しよう」掲載先:CC-BizMate(運営:株式会社クロスキャット)こちらの媒体には初めて執筆させていただきました。ご縁をいただけたこと、とてもありがたく思っております。さて、今回は管理監督者の勤怠管理について解説しています。管理職には残業代は不要、管理職は勤怠管理をしなくてもよい、という声を聴くことがありますが、実はその考え方はとても危険です。
記事掲載 · 2021/12/23
当事務所代表の執筆した記事が掲載されました。HRプロ様では、毎月1回記事を執筆させていただいています。今月は、改正育児介護休業法の最新情報について記載しています。育児介護休業法の改正は、2022年の労働法改正の中でも大きなボリュームを占めます。労働者の関心も強い内容ですので、会社としてはきちんと内容を理解し、対応方針を決めておきたいものです。
記事掲載 · 2021/12/01
当事務所代表の執筆した記事が掲載されました。ぜひご参照ください。(会計ソフト「ソリマチ」のユーザー様向けにメルマガとして配信されたものと同内容です。)「コロナ禍だからこそ押さえておきたい!労働者へのストレスチェックの方法」

さらに表示する