カテゴリ:執筆・掲載情報



記事掲載 · 2022/09/14
当事務所代表の執筆した記事が掲載されました。HRプロ様では、毎月1回記事を執筆させていただいています。「週休3日制」を、“多様な正社員”実現のため厚生労働省が推進。導入方法や注意点・懸念点を解説 掲載先:HRプロ(運営:ProFuture株式会社) コロナ禍で耳にする機会も増えた「週休3日制」。どのように実現するのか皆様はご存じでしょうか。給与は減るの?導入にあたって気をつける点はあるの?など、週休3日制導入にまつわるあれこれを解説しました。ぜひ、参考にしていただければ嬉しいです。
記事掲載 · 2022/09/09
当事務所代表の執筆した記事が掲載されました。ぜひご参照ください。(会計ソフト「ソリマチ」のユーザー様向けにメルマガとして配信されたものと同内容です。)「改正育児介護休業法の施行第2弾!2022年10月から会社に求められることとは」掲載先:みんなの経営応援通信(運営:ソリマチ株式会社) 10月1日、第2弾の改正育児介護休業法が施行されます。4月の施行は職場の環境整備などがメインでしたが、10月は新しい育休制度の新設や既存制度の改正など、より実務の色が濃くなります。対応の抜け漏れがないよう、残り1か月でしっかりと準備しておきましょう。
記事掲載 · 2022/09/08
当事務所代表の執筆した記事が掲載されました。HRプロ様では、毎月1回記事を執筆させていただいています。「最低賃金」が今年も全国で約30円引き上げ。最低賃金の種類・定義と“引き上げ対応の注意点”を知ろう 掲載先:HRプロ(運営:ProFuture株式会社) 毎年この時期に話題になる地域別最低賃金。そもそもの基礎知識を皆様はどれくらい把握しているでしょうか。テレワークのときの最低賃金はどこの都道府県のものを適用する?最低賃金引上げに伴う給与見直しの注意点は?など最低賃金にまつわる基礎知識を解説しています。ぜひ、参考にしていただければ嬉しいです。
記事掲載 · 2022/08/25
当事務所代表の執筆した記事が掲載されました。「来年から中小企業の割増賃金率が引き上げられます」掲載先:企業実務2022年9月号(発行元:日本実業出版社) 来年4月より、月60時間を超える法定時間外労働の割増賃金率が中小企業でも引き上げられます。どのような変更でどこに影響があるのかという解説はもちろん、この機に時間外労働削減をするための業務効率化についても解説しています。
記事掲載 · 2022/08/16
日本事務器株式会社のサービス「fudoloop」のメールマガジンにて、代表内川の連載が始まります。「fudoloop」とは日本事務器株式会社の開発する、農家と市場・青果卸を情報でつなぐ業務改善アプリです。この度、fudoloopのメールマガジンにて、「青果卸の働き方改革」をテーマに全19回の連載をさせていただくことになりました。8/19(金)~12/23(金)まで毎週金曜日、全19回にわたる連載です。識者や働き方改革を推進している企業への取材も実施しており、現場の声も盛りだくさんの内容になる予定です。青果卸に限らず、農業にかかわる皆さんにぜひ読んでいただきたいと考えております。
記事掲載 · 2022/08/04
当事務所代表の執筆した記事が掲載されました。HRプロ様では、毎月1回記事を執筆させていただいています。今月は、出社と在宅勤務のハイブリッドワークについて解説しています。 「ハイブリッドワーク」を実施する企業が増加。テレワークと出社の“良いとこ取り”する働き方のために 掲載先:HRプロ(運営:ProFuture株式会社) コロナの影響もあり、出社と在宅勤務の併用をしている企業も増えました。この記事では、どのようなメリット、デメリットがあるのかなどを解説しています。ぜひ、参考にしていただければ嬉しいです。
記事掲載 · 2022/07/22
当事務所代表のインタビュー記事が掲載されました。インタビューが掲載されているのは、「2024年版 資格取り方選び方全ガイド」(高橋書店)という様々な資格取得のための情報が掲載されている書籍です。社労士の資格取得者として取材を受け、当時の勉強方法や社労士を目指したきかっけなどを当時のことを思い返しながらお話しました。
記事掲載 · 2022/06/23
当事務所代表の執筆した記事が掲載されました。HRプロ様では、毎月1回記事を執筆させていただいています。今月は、不妊治療と仕事の両立について解説しています。2022年4月から「不妊治療の保険適用」が開始。企業に与える影響と従業員にできるサポートを知ろう 掲載先:HRプロ(運営:ProFuture株式会社) 2022年4月から、不妊治療の保険適用が開始されました。国の調査によれば、「約5.5組に1組の夫婦が不妊の検査あるいは治療を経験したことがある」とのことで、意外と多い数字だと驚かれる方も多いのではないでしょうか。今回の保険適用はあくまで個人の治療に関するものなので、企業の制度改定などが必要になるわけではありませんが、この保険適用を機に、不妊治療について考える労働者の方が増えることは容易に想像できます。
記事掲載 · 2022/05/31
当事務所代表の執筆した記事が掲載されました。HRプロ様では、毎月1回記事を執筆させていただいています。今月は、勤務間インターバル制度について解説しています。なぜ今“勤務間インターバル制度”が必要なのか。「健康経営」や「人材定着」の観点で期待できるメリットとは 掲載先:HRプロ(運営:ProFuture株式会社)最近、厚労省の出すガイドラインなどで頻繁に「勤務間インターバル」という言葉を見かけるようになりました。制度導入が努力義務化されてから早3年、国も積極的に導入を推進している制度です。この記事では、なぜ今「勤務間インターバル制度」が推進されているのか、どんなメリットが期待できるかを解説しています。 ぜひ、参考にしていただければ嬉しいです。
記事掲載 · 2022/05/12
当事務所代表の執筆した記事が掲載されました。HRプロ様では、毎月1回記事を執筆させていただいています。今月は、2023年3月末で猶予措置が終了になる、中小企業の月60時間超の法定時間外労働の割増賃金率引き上げについて解説しています。 2023年4月から中小企業の「月60時間超の法定時間外労働の割増賃金率」が引き上げに。今から長時間労働削減の取り組みを 掲載先:HRプロ(運営:ProFuture株式会社) 2023年4月の話をなぜ今?と思うかもしれません。当然、引き上げ分を支払えば問題ない話ではありますが、これを機に自社の働き方を見直す企業も出始めています。長時間労働削減は「明日からやりましょう」と言ってすぐにできるものではありません。4月に向けて、今から少しずつ仕事の見直しをしていくことが求められます。ぜひ、参考にしていただければ嬉しいです。

さらに表示する